タグ:ユジャ・ワン ( 6 ) タグの人気記事   

音楽への逃避 ユジャ・ワン リサイタル   

01.05.2012 @queen elisabeth hall

rachmaninov: étude-tableau, op. 39 nos 6; 4
rachmaninov: élégie, op. 3 no. 1
rachmaninov: étude-tableau, op. 39 no. 5
beethoven: sonata, op. 27 no. 1
scriabin: sonata no. 5
prokofiev: sonata no. 6

yuja wang (pf)


ユジャ(羽佳)は、3年前に聴いて以来、大好きなピアニストです。テクニシャンで、しなやかでスポーティーな演奏をする人です。最近は、ミニスカートや高いヒールで演奏するので、オールド・ファッションのクラシック音楽ファンの物議を醸し出してますね。そんなヘンなところで話題になったり(ユジャは意識的にそういうファッションをしているみたいですが)、テクニシャンゆえに音楽が浅いと批判されたり(本来テクニックと音楽性は相関しないというかテクニックがないと音楽性云々以前の問題なんですが、テクニック重視は音楽重視と相容れないようです)、何かと出る杭は打たれるようです。ということで、わたしもちょっと心配。どうなるでしょう。人気はあるのですが。

ユジャは残念ながら(?)、ミニスカートではありませんでした。でもサイドに深くスリットの入ったロングスカートで、ときに太もも露わ。セクシー路線ですかね。うっかり健康的な太ももに目が吸い寄せられちゃいます。
ラフマニノフの「音の絵」3曲と「エレジー」はあまり印象に残っていません。太ももが気になって音楽が。。。ではなかった、なんだかユジャが不安定な感じがして気になって。音楽が、じゃないんです。彼女自身が。

さっと深いお辞儀をしてささっとピアノに向かうのはいつもの彼女の姿のかもしれないけど(わたしはユジャをリサイタルで聴くのは初めてです)、なんだか、お客さんから自分を守ろうと逃げているような気がして。彼女、とっても繊細でシャイなのかもしれないって思った。それは、わたしが感じたことで、ちっともそんなことないのかもしれないんだけれども、さっさと音楽に入ってしまう始まりの落ち着きのなさはそういう風に感じさせたことも事実です。ピアノを弾き始めれば自分の世界に逃げられる。音楽に没入できる。でもそれまでの間の心の持って生き方に泊まりがないように思えるのです。かのアルゲリッチさんも演奏前は、ちゃんと弾けるのだろうかととっても不安になるといいます。そんな気持ちがユジャにもあるんじゃないかって感じました(本人に確かめたわけでもないし、本人はあっけらかんとしているかもしれないんだけど)。
そういうことを感じて、どうしてもユジャを「のだめカンタービレ」に出てくるソン・ルイと重ね合わせてしまいます。ユジャが長期の演奏停止をするかどうかは分からないけど、例えば、ショパン・コンクールに優勝したあとのポリーニさんのように演奏を休んで音楽と対峙することも大切じゃないかと勝手に思うのです。最近の若い演奏家はなんだか、CDセールスとかで忙しすぎると思うのです。ここで将来を潰してしまうのはもったいない。売れるうちに売るのではなくてきちんと音楽家を育てるマネジメントをして欲しいと心から願います。

とっても安心できたのは意外なことにベートーヴェン。曲がユジャに合ってるのかなって疑問に思ったけど、ユジャはこの曲を本当に愛しむように弾きました。テクニックのいらない音楽にこそ、真に音楽をするためのテクニックが必要だと思います。わたしは、この曲を聴くのが初めてなので、ユジャの演奏が、どうなのかは確かなことは言えません。でも小さな声で歌いながら、愛おしげに音楽を奏でるユジャを見て、彼女は本当に音楽が好きなんだなって思って嬉しくなりました。あの歌はかわいらしかったなぁ。心温まるベートーヴェン。この音楽があれば大丈夫。ルイをパリのアパルトマンまで訪ねてきて、彼女の弾くモーツァルトを聴いて、帰って行ったお母さんと同じ心境です。

休憩前の最後のスクリャービンのソナタ第5番と、後半(衣装を赤のワンピースのドレスに替えました)のプロコフィエフのソナタ第6番は、いつものユジャらしい演奏でとっても良かったです。スクリャービンの方は恍惚としたエクスタシーも感じられ、メカニカルだけど妖艶な音楽。一方のプロコフィエフは、戦争ソナタなんだけど、なんだか軽くて楽しげでさえある音楽。やっぱりユジャはプロコフィエフとか、ロシアのメカニカルなヴィルトゥオーゾ系の音楽が得意そうですね。テクニカルな難しさをもろともにせず、音楽的に実りある演奏を聴かせてくれました。

アンコールは、ホロヴィッツの「カルメン変奏曲」。ピアノのヴィルトゥオーゾを生かしたアンコールピースですね。これはもう楽しかった。
最後のほっとした感じの笑顔がステキでした。
c0055376_16334571.jpg
サイン会もあってわたしも持って行ったCDにちゃっかりサインしてもらいました。漢字でサインしてもらえば良かったなと、ちょっと後悔。今度機会があったら頼んでみよう。

結局、まだまだユジャが好きです。今は、まだ成長期というか、大きく変わることもあるかもしれないので目が離せません。追っかけはできないけど(世界中駆け回らなきゃ)、彼女の音楽会はできるだけ聴いていこうと思います。
c0055376_16352574.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2012-05-01 16:31 | 室内楽・リサイタル | Comments(2)

東洋の真っ赤なルビー   

16.08.2011 @royal albert hall

copland: fanfare for the common man
bax: symphony no. 2
barber: adagio for strings
bartók: piano concerto no. 2
prokofiev: symphony no. 4

yuja wang (pf)
andrew litton / rpo


それにしても7時始まりで、終わったの10時過ぎの音楽会って。しかも休憩2回。オペラじゃないんだから。。。わたしは最近、軟弱者なので長くてコスト・パフォーマンスのいい音楽会より短くさくっと終わる音楽会が好きです。おなか空くし早く帰りた〜いって。でも今日は、大好きなユジャ(・ワンさん)だし、いつもにこにこ顔のアンドリューさんだからいいのです。って出てきた指揮者、別人? にこにこ顔のアンドリューさんじゃない! あれれ〜変更になったのかなってあわててプログラムを開けてみたら、アンドリュー・リットンさんだった。デイヴィスさんじゃない。アンドリュー違いでした。いつも間違えるのよね。で、気を取り直して。

始まりはコープランドの普通の市民のためのファンファーレから。交響曲第3番のイメジが強くて、おお違う違うと思いつつ聴いていたけど、やっぱかっこいいわ、このファンファーレ。ただ少し、オーケストラにすかっと抜けるパワーが不足しているように思えました。これは今日の音楽会を通じてずうっと感じたことです。
2番目は初めて聴く、珍しいバックスの交響曲第2番。マデトーヤみたいな北欧風の感じがしたので、北欧の作曲家なのかなって思って、休憩時間にプログラムを読んだら、イギリス、ロンドン生まれの作曲家でした。ふ〜む、この親近性、だからイギリスではシベリウスの音楽が受け入れられたのか、なんて思ってみたり。でも、本人はアイルランドに共感を感じていたみたいで、それは音楽から十分伝わってきました(って言うか、北欧とアイルランドの区別がついていないんですけど、冷たい空気感が一緒のような気がします)。ちなみに今飲んでるサイダーは、スウェーデンの梨のサイダーです。おいしい。って関係ないけど。それにしても、この作曲家女たらしなんですね。不倫とかして奥さん3人もいて。でも音楽は別物。清楚な感じのヒースの上を流れる風のような。そして音色の響きが吹奏楽的なところが多いんです。ちょっと不思議な感じでしたね。ここで休憩、その1。

第2部の始まりは、バーバーの弦楽合奏のためのアダージョ。悲しみを湛えた音楽。追悼曲というわけではないと思うけど、確かケネディ大統領のお葬式のとき使われたのよね。演奏も静かにしんみりと。でもわたし的にはもう少し力があってもいいと感じました。少し弱ってる感じ。
次はいよいよピアノ協奏曲。第2部の始まりからあったピアノの蓋が、会場からのうおぉぉというかけ声と共に開けられ(プロムスならではの習慣です)、リーダーが音合わせしようとラの鍵盤を叩くと会場からブラヴォーと拍手(これもまたプロムスの習慣です)。そして、大好きなユジャ登場。話題のミニスカートかなと期待もしたんだけど、真っ赤なロング・ドレス。東洋の真っ赤なルビー(?)。そしてユジャ、なんだかこんがり焼けてます。スイスの山で焼いてきたのかな。そうそう、ユジャの漢字表記、羽佳ってとってもきれいな名前ですね。実はピアノに関しては先日聴いたブニアティシヴィリさんの音が耳にまだこびり付いているのだけど、彼女のピアノを速さと重みを兼ね備えた馬のような走りだとすると、ユジャのそれは、速さに特化したチータのようなしなやかな、アスリートみたいな走り。まさに名前の通り羽が生えてるみたい。
初めて聴く曲だと思うけど、始まってびっくり。ラヴェルのト長調みたい。っていうか、ラヴェルとペトルーシュカを合わせて2で割った感じ。バルトークもこんな可愛らしい音楽書くのねってはじけた第1楽章。面白かったのは第2楽章のピアノとティンパニの対話。第3楽章では大太鼓(とティンパニ)との対話。ピアノの扱いが打楽器的で、噂によるとこの曲、ものすごい難曲らしいんだけど、ユジャが弾くとそうは聞こえないところが凄い。余裕で弾いちゃいます。ただユジャは譜面を観ながら。なので、手堅くまとめているというか、この音楽に対する突っこみがまだ足りないと感じました。特に第1楽章がおとなしくて物足りなかったです。第2楽章からは徐々にエンジンがかかってきた感じでしたが。オーケストラの方もなんだか消極的に丸く収めようという感じで、もっと丁々発止のやりとりがあってもいいのではないかと思いました。やっぱり難しい曲なので怖いのでしょうかね。ユジャはきっと、弾き込んでいくことでもっともっと良くなっていくでしょう。またいつかユジャのピアノでこの曲を聴いてみたいです。できたら、今バルトークに取り組んでるサロネンさんとフィルハーモニアとかで。
アンコールを期待したのですが、お客さんは大きな拍手を送っていましたがアンコールはなし。ちょっと残念。

第3部はプロコフィエフの交響曲第4番。プロコフィエフの中ではゆるい音楽だと思うのだけど(シンデレラのシーンを彷彿させるような音楽が出てきます)、演奏もゆるかった。なんだかリズムが決まらないんですね。そうするとプロコフィエフの音楽がとたんにつまらなくなる。オーケストラのリズム感が悪いのか、リットンさんが縦の線をあまり気にしない人なのか、輪郭のはっきりしないぼんやりした音楽になってしまいました。わたし的にはちょっと残念な演奏でした。まあ、ユジャを聴けたから良しとしよっ。
c0055376_632616.jpg

c0055376_642284.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2011-08-16 06:01 | ロイヤル・フィルハーモニック | Comments(2)

ああわたしが豆粒みたい   

さて、昨日のプロム、さっそくBBCで視聴できますね。映像もしっかり。BBC太っ腹。プロムのいくつかはTVカメラが入るので映像でみられそう。また、多くは音声だけですけれどもラジオ3でオンデマンドで聴くことができます。
初夜はこちら。1週間ほど視聴できます。
ここ
観ていたら、昨日を思い出して涙目に。完璧な名演とまでは言いませんが、やっぱりあの場にいたことがわたしにとって一番の僥倖です。わたしも映ってるはずだけど、ってわたしですらここ、ここ、この辺ってよく観ても判別不可能。トランペットのソロでとちったときのまゆを上げたゲスト・プリンシパルのコックスさんの表情ったら。

もうひとつ、ヴァルビエ音楽祭の映像がメディチTVで観られます。オープニングはデュトワさんとユジャのプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番、その他。わたしがロンドンで聴いたのとオーケストラ違いですが、ユジャ、相変わらずしなやかな肉食獣のよう。これは魅入ってしまいます。ユジャのコンサートはリサイタルやジョシュア・ベルさんとの演奏も放送予定ですね。こちらも期限付きと思いますが、いつまでなのかは不明です。メディチ家にレジストレイション(無料)が必要です。
ここ
[PR]

by zerbinetta | 2010-07-17 02:00 | Comments(0)

ピアニストにならなければアスリート?(by yuja)   

rimsky-korsakov: russian easter festival overture
prokofiev: piano concerto no. 2
stravinsky: the firebird
yuja wang (pf), charles dutoit / rpo @royal festival hall


去年の衝撃的な出逢い以来、うんと注目してるユジャ(・ワンさん)。だから今日の音楽会がとおっても待ち遠しかったんです。シャルル・デュトワさん指揮のロイヤル・フィルハーモニックです。
ロイヤル・フィルは一見して、若い人が多くて、きれいな人多いなって思った。ごめんなさい第一印象がこんな感じで。だってフルートの主席の人の髪型がなぜか気になったから。いやヘンなって意味じゃないんですよ、一条の前髪がペンで描いたようにまとまって顔にかかってたから。それから日本人が多かったです。ロンドンのオーケストラって日本人が少なくてフィルハーモニアとロンドン・シンフォニーにひとりずついらっしゃるんですけど、弦楽セクションに3人のお名前が。日本と縁の深い現音楽監督(今シーズンから)のデュトワさんの影響かなぁ。とかいいつつ思い出して、去年聴いたときのプログラムを引っ張り出してみてみたら、ひょえっ、やっぱり、去年は日本人誰もいなかったよ〜。ほんとにデュトワさんが引っ張ってきたのかなぁ。

ロイヤル・フィルを聴くのはまだ2回目です。指揮者も替わってまだ最初のシーズンだし、どうのこうのと言える訳もないけど、弦楽器の硬質な音が意外でした。去年聴いたときはもうちょっとふっくらした感じだったのに、これも指揮者の好みかな。善し悪しの問題じゃないので。始まりの曲は、リムスキー・コルサコフの「ロシアの復活祭序曲」。この曲聴くの初めてなので何ともコメントのしようがないんだけど、ってかユジャにわくわくしすぎてちゃんと聴けてない。単純なたかたかたかたかっていうメロディがロシア人好みなのねって思った。似たような旋律、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番にもあるよね。

ロシアの復活祭を通り越して、いよいよピアノ協奏曲。プロコフィエフの第2番です。この曲は聴くの多分3回目だけど、プロコフィエフの協奏曲の中では3番と共によく採り上げられますよね。実はわたし今日まで、この曲ってのほほん系だと勘違いしてたんだけど、実はとんでもない野獣系だったのに気がつきました。こんな曲を書いたプロコフィエフもプロコフィエフですけど、この曲を弾いたユジャもユジャです。華奢な身体からピアノを思いっきり、すばしっこく叩く様はまるで、ネコ科の大型肉食獣。近くの席で、ユジャばっかり見つめて、音楽を聴いてないというか、まるでスポーツを観てるよう。それもものすごくアグレッシヴでスピードのあるやつ。ユジャは音楽が憑依するタイプというか、自分の中に完全にのめり込むタイプ。ほとんど自分に集中して指揮者もあまり見ない。ピアノを叩きまくるところなんてあまりに集中したあげく、冷静さを失って音が聞こえなくなってる、とさえ見えるような演奏振りなんだけど、そんなことはちっともなくて、音は完全にコントロールされてるし、勢いにまかせて流されてるということも決してない。しっかりまわりの音も聞こえていて、音楽を全体から見通してる。ユジャばかり見つめてユジャの音しか聞こえていないわたしなんかと大違い。第1楽章の途中からピアノのソロだけでずうっと音楽が進んでいって、盛り上がったところでフォルティッシモのオーケストラが凶暴に入るところなんてほんとに凄かった。完全にオーケストラと拮抗してる。この曲ってほんと、ピアノが休むところがほとんどなくてしかもめちゃくちゃ叩かせるので、ものすごいことになってるんだけど、さすが超絶技巧持ちのユジャ、乱れるところ、不消化な部分は一切ありませんでした。もちろん、まだ23歳。音楽が未熟な部分もあるのかもしれないけど、1日1日激しく成長していく年代、これからも全く目が離せません。US在住で、海外を飛び回っているけど、もっとロンドンで弾いてくれないかなぁ。最後の挨拶(お辞儀)もきびきびとしてスピーディーでフレッシュ。サイン会があるかなぁ〜って期待してたけどなくってちょっと残念。せっかくCD持っていったのに〜〜。
c0055376_1431335.jpg


ユジャのあとは、「火の鳥」全曲版。デュトワさんの火の鳥はそのすらっとした姿そのままに、何ともスマートで都会的な演奏。最初のコントラバスの音からして、全くおどろおどろしさがなくてスマート。土臭さも火の鳥や春の祭典の魅力だと思うんですけど、デュトワさんのはきれいに舗装されていて、しかも磨かれてる。ストラヴィンスキーその人も都会的な人のような気がするので、こういう演奏もありだと思うというか、ちゃんと音楽として成り立ってるところがさすが。でも、こういう解釈ならば最後は、1945年版のざくざくと切ったのの方が版の整合性はないけど合ってると思う。ってしつこいけど最後は1945年版が好き〜〜。
c0055376_1445296.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2010-03-24 01:41 | ロイヤル・フィルハーモニック | Comments(2)

うわっ! 凄いもの聴いた   

ives: from the steeples and the mountains, the unanswered question
prokofiev: piano concerto no.3
stravinsky: the firebird (original)
yuja wang (pf), michael tilson thomas / lso @barbican hall


MTT、ロンドン・シンフォニー、2回目の音楽会です。だったんだけど。。。ユジャに圧倒されました。わたしの心はユジャ一色。すごかったですよ〜。わたしは前回の印象からユジャはきれいな柔らかい音色系のピアニストだと思ってたんですよ。それなのに、打楽器系にばんばんピアノを叩くプロコフィエフの音楽は大丈夫かなぁ、オーケストラに負けちゃうんじゃないかって、心配してたんです。彼女にはこの曲合わないよって。ところがところが。彼女、この曲をいとも軽々と弾きこなしたばかりじゃなく、音量も十分。なんというか体育会系のがしがしと熱い演奏なのに、しっかりと冷静で音楽の奥行きがとても深い。もう引き込まれました。吸い込まれました。そして、アンコールに弾いたモーツァルトのトルコ行進曲。ヴォロドス編曲の変態ヴィルトゥオーゾ風に彼女がさらに編曲を加えたもの。これが、びっくりして椅子からずり落ちるほど凄い!なんという左手のテクニック。超絶技巧ですよ。左手でオクターヴの早いパッセージを弾いたときなんか参りました。信じられません。会場大興奮。わたしも隣のおじさまと唖然として顔を見合わせてしまいました。凄いもの聴いた。彼女のファンになるぅ。それにしても、彼女少し前にロンドンでリサイタルをしているのですね。知らなかったとは言え聴きそびれたのはなんて残念。来シーズンロイヤル・フィルハーモニーと協奏曲を演るみたいなので聞き逃さないようにしなくっちゃ。
彼女の前にすっかりかすんじゃったMTTですけど、アイヴスの作品も火の鳥もステキでしたのよ。答えのない質問なんかはトランペットとフルートだけがステージに出て弦楽合奏はステージ外で演奏させたり、火の鳥はこの間バレエを観たばかりだったのでシーンがよみがえってきたり。でもやっぱり最後は1945年版の現代的にざくざくと切りまくる編曲の方がいいなぁ。もちろんそれは45年版でのみの改変なので望むべくことではないんだけど。
[PR]

by zerbinetta | 2009-06-30 01:11 | ロンドン交響楽団 | Comments(0)

わたしを指揮して〜   

c0055376_1183982.jpg

debussy: trois images
ravel: rapsodie espagnole, piano concerto in G
villa-lobos: choros no.10 'rasga o coracao'
yuja wang (pf), michael tilson thomas / lso, ls chorus @barbican hall


えへへ。愛してるんですよ。MTT。きらきらと明滅するベートーヴェンの交響曲第5番の第2楽章を聴いて以来。指揮棒で自由に操られてみたい人ナンバーワンのひとりです。そりゃ喜んで出かけるでしょう。そして今回は珍しいヴィラ・ロボスの曲。ブラジル風バッハなんかは大好きなんだけど、ショーロスは聴いたことない。期待大です。さて、音楽会はドビュッシーの映像から。この曲の時なぜか合唱団の人がステージに上がってたんですけど、合唱は使われてるのでしょうか?観察していたんですが、合唱が使われていた形跡なし。???です。それからラヴェルのスペイン奇想曲。ロンドン・シンフォニーはやっぱり上手いですねぇ。フランスものの繊細な雰囲気をとても見事に表現してましたし、MTTの美しいバトンさばき。わたしもさばいてさばいて〜。ト長調のピアノ協奏曲は、のだめの弾くやつですね。ユジャ・ワンという人はわたし知りませんでした。若い中国人のピアニストさんです。髪がぼさぼさな感じがちょっとのだめ的。彼女のピアノはとても柔らかいタッチで音の粒がきらきらときれい。ぞくっとするものはないけれどもとてもステキでした。彼女まだ駆け出しなのかしら。挨拶の時、指揮者を置いてさっさと舞台を降りていってしまいました。残されたMTT、困った顔してちょっとわらわら。(この記事、30日の演奏を聴いたあとに書いてるんですが、もしかすると、彼女この日の演奏に満足してなかったのかもしれません。アンコールもなしであっさり終了)。ショーロスは結構盛り上がりますねぇ。オステナートな感じでぐいぐいきます。中南米系の音楽ってこんな感じかしら。あの猥雑なパワーが満ちていて好き。
[PR]

by zerbinetta | 2009-06-25 01:06 | ロンドン交響楽団 | Comments(0)