タグ:英国音楽 ( 63 ) タグの人気記事   

マッケラスさん大丈夫?   

mozart: symphony no.32
mozart: piano concerto no.20
elgar: symphony no.1
lise de la salle (pf), charles mackerras / po @royal festival hall


音楽会のプログラム。フィルハーモニアはチケットとは別売なんです。ロンドンシンフォニーはただ。ロンドンフィルハーモニーも別売です。で、フィルハーモニアはなんと350円(3.5ポンド、わたしはポンドでお給料をもらって生活してるので1ポンドだいたい100円感覚です)もするんです。他のは250円とか300円なので高いんです。といわけで、このブログを始めた目的のひとつはプログラムを買わなくても記憶に残るからっていうせこせこな理由もあったんです。いったい、フィルハーモニアの音楽会はいつも600円くらいの席で聴いてるんですけど、そんなこんなで前回、高いと思って買わなかったんだけど、今回はソリストのことが知りたくて買ってみました。そしたらなんと、このプログラム、季節版で冬のシーズンは11回の音楽会のプログラムがまとめてあるんです。お買い得。なぁんだ、安いじゃん。
今日の指揮者、マッケラスさんはだいぶ前にモーツァルトの初期の交響曲のCDが出たときラジオで聴いてとおってもステキだと思っていたのです。期待期待。さて、マッケラスさんは思ったよりもお年寄り。手が震えてスコアをめくるのにも苦労してたりして。大丈夫かなぁって思ったんですけど、音楽は全然。溌剌としてました。やっぱりマッケラスさんのモーツァルトはステキです。でも、びっくりしたのは2曲目のピアノ協奏曲。仄暗い音で始まった音楽はわたしの心臓をどくんと打ち、不安な気持ちを揺さぶります。わたしの気持ちの深い奥の暗闇を揺すぶります。これからどんな音楽が続くのでしょう。モーツァルトのこの短調の協奏曲ってこんなに深い情感を持っていたのね。普段CDでいい加減にしか聴いていないことがばればれです。ピアノはいたずらに劇的に流れることなく、むしろ静かな情感を湛えて弾かれたのはオーケストラとバランスが取れてステキ。若いきれいな人、そしてフランス人、最近フランスびいきなわたし、ふふふ、いいねっ。ってまだ二十歳そこそこ?うわん。末恐ろしい。
エルガーの交響曲はどうかなってちらりと心配だったんです。だって、マッケラスさんおじいさんだら。でも、さすが、この大曲を雄大に鳴らしました。さすが自分の国の音楽だけあって、会場も熱い。音楽を前に矍鑠として。プロですね。わたしも歳をとってもかっこいい人でいたいです。縁側でのんきな茶飲み生活なんかを夢想してる場合じゃないっ。
[PR]

by zerbinetta | 2009-02-12 08:58 | フィルハーモニア | Comments(0)

森と共にある孤独感   

britten: peter grims - four sea interludes
sibelius: violin concerto
elgar: enigma variation
lisa batiashvili (vn), martyn brabbins / lpo @royal festival hall


テルミカーノフさんの指揮が聴きたかったんですよ。厳しい音楽をされる方なので。でも残念なことに、指揮者が替わってしまいました。ブラビンスさんはイギリスの指揮者だそうです。BBCスコティッシュオーケストラで副指揮者をされていて来シーズンからはベルギーのオーケストラの第1客演指揮者になるようです。彼の音楽は一言で言うと中庸。人の良さが表れているのかとても誠実に音楽を奏でます。尖ったところや驚きが好きなわたしにはちょっと物足りないんですけど、でも、ブリテンやエルガーのイギリスものの音楽は流石です。お客さんもとても喜んでいました。こういうのがイギリスの音楽なのかもしれません。リサをソリストに迎えたシベリウスの協奏曲は、リサさんに寄り添った音楽作りがなされてました。リサのシベリウスを聴くのはこれが2回目。前回はドホナーニさん指揮のフィルハーモニア・オーケストラでUSで聴きました。このときはカデンツァの途中で弦が切れたんですよね。リサはまだ20代のヴァイオリニスト。でも、知らない間に結婚してお子さんもいらっしゃるらしい。月日が経つのは早いなぁ。でも、以前と変わらず若々しくてきれいでした。リサの音楽の特徴はおおらかさ。シベリウスの冒頭も緊張した細い線のような音ではなくゆったりと歌うように弾いていきます。シベリウスのこの音楽からここまで歌を引きだしたのはすごいことじゃないかしら。シベリウスは歌うような音楽を書く人ではなかったので。全体的にゆったりとしたテンポで、冷たいシベリウスではないけれども、これもとてもステキなシベリウスです。緑の森の中を独りで散歩しているような感じ。その孤独感がたまらなくいいのです。孤独といっても寂しい孤独ではなくって、自然の中にとけ込んでいくような豊かな孤独です。その孤独感の表出という点で、5年前の演奏よりもずいぶんと成熟したような気がします。演奏会のあと、サインをいただきつつ(ふふっ、あまり並んでなかったからちゃっかりね)一言二言お話ししました。ワシントンDCでの音楽会のこと、覚えておられましたよ。

参考までに前に聴いた2003年の音楽会の感想を載せておきましょう。
「2つ目は、シベリウスのヴァイオリン協奏曲。そりゃもう大好きなのよ。この間もレーピンさんの演奏ですてきなの聴いたばかりだし。今日のソリストは、リサ(エリザベス・バティアシュヴィリさんだけど、プログラムもリサ・バティアシュヴィリさんになっていたので、お話ししたこともあるし、愛称のリサと呼ぶことにします)。仲良し好みの美人さん。日本音楽財団から貸与されてるヴァイオリンを弾いていて、今度、来年の初めに日本に行くみたい。春のリサイタルのときは、歌のある人だなって印象で、同年代のヴァイオリニスト、ヒラリーやサラとはまた違った個性の持ち主だなって感じてました。どんなシベリウスを弾くのかうんと楽しみ。そよそよと静かにオーケストラが揺れるのにのって彼女が歌い出したヴァイオリンはとっても大らか。ともするとここは神経質なまでの緊張感で弾かれる弱音(ムターさんのときはほんとにどきどきするような息を飲むくらいの鋭利な音だった)を、たっぷりと息をした歌い回しで弾き始めたのにはびっくり。でも、それがすごくすてき。そのあともゆっくりとしたテンポで大らかに歌っていたけど、彼女のヴァイオリンを聴いていると、音楽の向こうにシベリウスや彼女が見ている風景が目に浮かぶよう。ドホナーニさんとフィルハーモニアのオーケストラも実に上手く彼女をサポートしていて、とってもすてき。で、ハプニングは、長いヴァイオリンのカデンツァのお終いの近くで起こったの。リサが、突然弾くのを止めたの。そして小さな声でドホナーニさんに何か言ったのだけど、あれっ?どうしたんだろう?失敗したのかなって思ったら、ばしっと弦が切れて、あっと思った。彼女は袖に引っ込んで、その間ドホナーニさんはオーケストラの人と何か少し小声で話しながら待っていたのだけど、会場も静かに待っていました。この会場の雰囲気はまさしく彼女が作ったもので、みんなが音楽に集中していくの。決して緊張を強いる演奏をしているのではないのだけど、彼女の音楽に対する気持ちがそうさせるのね。びっくりする出来事なのにわたしたちは心静かにしていることができたの。彼女が戻ってきて、ドホナーニさんがオーケストラに指示して、カデンツァが終わったところから曲を再開して、大丈夫かな、彼女集中力切れてないかなって心配したけど、さすが。わたしの耳には全く問題なく聞こえる。1楽章が終わって、そこで、ドホナーニさんはリサに耳打ちして、楽器の音を合わせるようにさせたのだけど、わたしはこれを見てドホナーニさんに感動したわ。わたしの耳には感じ取れなかったけど、多分、リサのテンションは弦が切れたせいで変わっていたのだと思うし、それをさりげなく音合わせで間をとることによって戻したと思うの。若い音楽家をそうやってサポートする百戦錬磨の指揮者。ドホナーニさん大好き。第2楽章も第3楽章もやっぱりゆっくり目のテンポでたっぷり歌って、でもそれが、弛緩した歌ではなくて、北国の大らかな大地の香りがするの。リサはほんとにこの音楽をよく知ってるし好きなんだなって思えた。あとで見たら、リサは16歳の史上最年少でシベリウス・コンクールで入賞してるのね。彼女は2位だったけど、その年の3位にはズナイダーさんがなってる。なんかすっご~い。ここまで大らかに歌いきったシベリウスは、ちょっと異形だと思うけど、わたしにはとってもすてきで、今まで聴いたシベリウスの中でも最もすてきなひとつとなりました。」
[PR]

by zerbinetta | 2009-01-21 06:47 | ロンドン・フィルハーモニック | Comments(0)

我らが音楽   

vaughan williams: fantasia on a theme by thomas tallis, symphony no.9,
three shakespeare songs, symphonies no.6 & 5
richard hickox / po, philharmonia voices @royal festival hall


ヴォーン・ウィリアムスは我らが音楽の巨匠。日本では、そしてわたしのとってもちっとも馴染みがなくって、今日は初めて聴く曲ばかりだったんだけど、やっぱりちゃんと地元の音楽は聴かなくっちゃね。その土地の音楽ってその土地でしか味わえない何かが染みついていて、それを肌に感じられるというのはステキなことだから。もちろん、今や音楽はもっと普遍的で、日本でもベートーヴェンの音楽は理解できるのだけれども、でも、その土地でしか感じられないものって確実にあると思うんだよ。そんな特殊性は音楽の価値を下げるものでもなく、音楽の偏狭主義を是認するものでもなく、自然に染みついているものだと思うんです。例えば、フランスのワインはフランスの空気の中で飲むのが一番おいしいし、日本のお鮨は日本のお寿司屋さんで食べるのが一番おいしいというみたいに。だから、わたしは地元の作曲家の音楽はなるべく聴いてみようと思ってる。イギリスの音楽があまり馴染みがないとしても。とは言え、イギリスに暮らし始めてからまだ2週間にも満たないのでこの国の空気感は、まだわたしの中に入ってきてないんだけどね。ただ隣に座ったおじさまがこの曲歌ったことあると懐かしそうにおっしゃっていたので、ああここにも音楽が生きて流れてるんだなぁっていうのは感じました。会場の雰囲気もあたたかかったしね。ウィリアムスの交響曲はマーラーやブルックナーのような長大なものではないんだけど、3曲も演ったので、休憩2回を含めてずいぶん充実した音楽会でした。この人の作品は穏やかで美しい音楽です。まさにイギリス紳士のって言ったらあまりにステレオタイプでしょうか。ただ、悲しいことに指揮者のヒコックスさん、程なくして亡くなられました。まだ、鬼籍に入るお年ではないのに。ヒコックスさんのウィリアムスの音楽会は、先にも予定されていたのに。とっても残念です。ご冥福をお祈りします。
[PR]

by zerbinetta | 2008-11-02 19:22 | フィルハーモニア | Comments(0)