人気ブログランキング |

このベタさ加減が好き   

rossini: il turco in italia
ildebrando d'arcangelp (selim), aleksandra kurzak (fiorilla),
alessandro corbelli (don geronio), thomas allen (a poet),
leah-marian jones (zaida), steven ebel (albazar),
colin lee (don narciso)
moshe leiser, patrice caurier (directors)
maurizio benini / royal opera house @covent garden


大好きなロッシーニの喜劇。なんというかお約束のベタな笑いが大好きなんですね。そして軽妙な音楽の付け方もいい。わたしの理想の人生はロッシーニなんです。40を前に楽隠居。トリュフを採ったりお料理したり、料理人としての業績も多いんですね。わたしもほんとは早く楽隠居した〜い。先立つものがないのでできないけど、宝くじ当てたり、一山当てたら、絶対楽隠居。田舎にこもってのんびりお料理する〜。

イタリアのトルコ人。初めて聴きます。序曲を聴くのも初めて。序曲集のCDは持っているのだけれど、そこには入っていませんでした。ずいぶんホルンの活躍する曲だな。お約束のロッシーニ・クレッシェンドにはほんとわくわくします。ベニーニさん指揮のオーケストラは最初、鈍重かなって思ったんですが、だんだん暖まってきて良くなってきました。そして、幕が開いたときのカラフルな舞台に目が喜びました。舞台は現代に翻案していますが全く違和感なく楽しめました。このオペラは時代設定にはあんまり縛られない感じです。
お話は、前に何回か観たアルジェのイタリア女に近いのかなぁって思っていたら、全く違って斬新。詩人が舞台の中でオペラを創ることになってこれがメタ・オペラになっています。オペラ史上最初のメタ・オペラかもねって帰って調べてみたら、ウィキペディアにもう解説されてるのね。登場人物も2組のカップルと余計な人たちが話を複雑にして、結構入り組んだコメディになってます。そして、奥さんに浮気されるドン・ジェロニオの悲喜劇。第2幕のみんな同じ服を着た仮面舞踏会で、彼が妻を見分けられなかったのは、わたしの心にも彼の絶望が突き刺さりました。なんとペーソスに溢れたお話なんでしょう。もちろん最後は、コミックオペラの常でめでたく大団円に(といいつつ、フィオリラはまた別の男に走っていく)。悲しく可笑しくなんだか複雑な気持ちになりました。

歌手のレベルも高く、とても楽しめました。特に、主役のフィオリラを歌ったクルザックさん、トルコの王子セリムを歌ったイルデブランドさん、ドン・ジェラニオのコルベッリさん、彼の滑稽でペーソスのある演技もステキでした、が良かったですが、他の方も甲乙付けがたかったです。
c0055376_6385427.jpg

by zerbinetta | 2010-04-05 06:37 | オペラ | Trackback(1) | Comments(4)

トラックバックURL : https://zerbinetta.exblog.jp/tb/14115503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ロンドン テムズ川便り at 2010-04-18 01:17
タイトル : ロイヤル・オペラ・ハウス(ROH)  『イタリアのトルコ..
 ロッシーニのオペラ・ブッファ『イタリアのトルコ人』を見に行きました。(あらすじはこちらから→)    理屈抜きに楽しいオペラです。堅苦しいことを考えずに、素直に馬鹿笑いするのが一番。出演者のパフォーマンスや演出も、十分それに応えるものでした。  歌手陣がとっても良かったと思います。浮気妻を持つGeronioを演じたCorbelliは演技が秀逸でした。お茶の水博士そっくりの風貌とコミカルな演技は、このオペラ全体を楽しいものにしてくれました。タイトルロールのSelimを演じるD'Arcangeloもト...... more
Commented by プリたん at 2010-04-18 10:47 x
私もこのオペラ見ました。とっても楽しかったですね。

ところで、写真、とてもきれいに撮れていますね。
写真撮影ですが、オペラが終わったら、こうして撮ってもいいんでしょうか。私、1階の後ろのほうで、1幕前に、ミニ望遠鏡のフォーカスを調整していたら、それをカメラと見間違えた2つ隣の紳士に「No camera!!!」と叱られました。実はバッグの中にデジカメも入ってたんですが、「拍手の時もダメなんだ」と思って、拍手のときもカメラを取り出せませんでした。こうして撮ってもいいんなら、是非、撮りたかったです。
Commented by zerbinetta at 2010-04-18 22:36
ブリたんさん、こんにちは。
ほんと楽しかったですね〜。大好きですロッシーニ。
ロッシーニは初めてですか?他にもセヴィリアの理髪師やアルジェのイタリア女、シンデレラも面白いですよ。
写真は紳士さんが言うとおりほんとはダメなんです。わたしも注意されたら撮りません。でも実際はたくさんの人が撮ってますよね。さささっと気がつかれないように撮っています。ブログに載せることの是非については、わたし自身まだ結論が出ていません。厳密に言えばいけないのでしょうけど。

Commented by プリたん at 2010-04-30 09:03 x
ロッシーニは、昔々、日本で藤原のセビリアの理髪師と、90年代の中頃にMETでバリトリのシンデレラを見たことがあります。バリトリのデビューの頃で、すごい大物新人だと感激しました。

話は違いますが、今日、Joshua Bellのバイオリンリサイタルに行ってきました。Wigmore Hallだったんですが、誰も写真撮っていませんでした。まあ、観客も年配の方が大半だったからかもしれませんが。

どうしても彼の写真を撮りたかったので、例によってバッグの中に偲ばせていったデジカメのフラッシュを発光禁止にして、最後の拍手の時にサッと撮りましたが、アングルもフォーカスも悪く、zerbinetta さんの写真のようにきれいには撮れませんでした。
サッと顰蹙を買わないように撮る技術を身につけたいです。
Commented by zerbinetta at 2010-05-01 19:29
メトでバルトリさんのシンデレラですか。うらやましいです。バルトリさんの歌ったシンデレラはDVDで持ってるけど、とってもステキですよね。はまり役です。ロッシーニ歌手ではテナーのフローレスさんがとおってもステキですよ。ラヴ。ぜひ、聴いてみてくださいね。コメディアン振りも最高です。

ベルさんの音楽会、リターンチケットを見てたらあったんですが、あいにくその日バレエのチケットをとっていたので行けませんでした。とっても良かったみたいですね。写真に撮れなかったのは残念ですが、音楽はいつまでもきっと心に残るでしょう。わたしのベルさんの一番はヴィヴァルディの四季で、わたしはステージの後ろで聴いてたので、ベルさんがときどき振り返ってオーケストラに合図するときや微笑むとき、わたしに微笑んでくれてるみたいでうっとりでした。
ウィグモア・ホールは暗いので写真を撮るのは難しいと思います。わたしはまだ行ったことないんですが、終演後、前のドアから楽屋に行けるそうですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<<  今日は行けた〜 音楽会とCD わたしは自然の中... >>