ロンドンのオーケストラの日本人   

ロンドンのオーケストラって意外に日本人が少ないような気がします。ロンドン・フィルには日本人ひとりもいませんし、ロンドン・シンフォニーにはセカンド・ヴァイオリンにイチノセ・ミヤさんがひとり。運営スタッフにはもうひとり、ミヤカワ・トモヨさんという方がいらっしゃるんですけどね。フィルハーモニアは副リーダーにイワブチ・マヤさん。リーダーがふたりともお休みのときは彼女がオーケストラを率います。US育ちでアメリカ訛りの英語を話すそうです。BBCシンフォニーは最近フルートにムカイ・トモカさんが入りました。デュトワさんが音楽監督になられたロイヤル・フィルハーモニックはちょっと多くて(と言ってもプログラムに載ってる名前なので正規の団員かどうかは不確かですが)、第1ヴァイオリンにヤマダ・カオルさん、ミヤモト・ナオコさん、チェロにハナオカ・シンコさん。それにしても、おおおお!全て女性じゃないですか。外国で活躍するのは女性が多いのかなぁ。どうしてなんでしょう。女性の方が適応力高い?家みたいな根の部分が男性に比べて弱いので外国に居座ることに抵抗が少ない?日本は働きづらい?(これわたし) でもね〜男子頑張れ!来たれ!イケメン男性。あっそれは別に日本人じゃなくてもいいか。
[PR]

by zerbinetta | 2010-04-14 07:26

<< とざ〜〜ん電車ができたので ただいま放送中 >>