人気ブログランキング |

老人ばかりがブルックナーじゃない   

bruch: violin concerto no. 1
bruckner: symphony no. 7
renaud capuçon (vn), daniel harding / lso @barbican hall


去年のシーズン、聴きそびれてるハーディングさんのブルックナー。今年はちょっと聴いておきたいと思ったんです。理由は別にないんだけど。ハーディングさんはわたしの中で評価が分かれてる人なのでなるべくたくさん聴いてみたいというのもあったしね。

ブルックナーの前にブルッフ。有名なヴァイオリン協奏曲です。ソロはルノー・カピュソンさん。カピュソンさんといったらフランスのイケメン弦楽器奏者兄弟(だそうです)。弟のチェロ奏者、ゴーティエさんの方は以前CLASSICAに紹介されていたので知っていたんだけど(聴いたことないけど)、ヴァイオリン弾きのお兄さんがいらしたとは。でも、わたし的には弟の方が好みです。ってなに?見た目?
ブルッフの協奏曲、聴いたことがあるのかなかったのか分からないくらいにわたしには馴染みのない音楽だったんですけど、聴いてみるとなんとなく知ってるような、第2楽章ではアルプス交響曲みたいだったり、最後の楽章はブラームスの協奏曲だったり。似てるよね? ハーディングさんとカピュソンさんはなんか似たものどおし的感じ。息ぴったり。これは前にテツラフさんとの共演でも感じたんだけど、ハーディングさんと同世代の男性ソリストの組み合わせって、なんか同じ釜の飯を食ってる感があるというか、ダチみたいな、ふたりで悪さしよう的な信頼関係があるというか、そんな感じが音楽に出てきて面白い。お互いにいいとこ取りでのびのびと演りながら何も言わなくても合ってしまう、そんな男の友情って素晴らしいって羨ましく思ったり。カピュソンさんのヴァイオリンはおだやかで優しい。でも優男のそれではなくて懐の深い柔らかな音色。こんな人がいたなんて知らなかった。今までUS(と日本)でしか音楽を聴いてきてなかったので、ヨーロッパにはまだまだわたしの知らないステキな人がいるんだなってまた思った。今度は是非弟のゴーティエさんを見て聴いてみたいです。

ブルックナーは交響曲第7番。ブルックナー苦手のわたしでも大好きな曲。最も大好きな音楽のひとつです。これをどう演奏するんだろう。
始まりのトレモロからさやさやと弱音でびっくりしました。わたし的にはもちょっと強い方がいいかな、と。そしてテンポは快速テンポ。でもあっさりかというとそうも言い切れず、フレーズの最後をゆったり弾かせたりして微妙なさじ加減。で、特徴的だったのは音の扱い。ひとつひとつの音を粒立つようにマルカート気味に弾かせるの。それで音楽にリズムの推進力が出て歩んでいくという言い方がふさわしいような進み方(対極は流れていく、です)。特に、ねっとりと演奏されることの多い第2楽章でそれが顕著で、低音のリズムの刻みがしっかりとひとつひとつの音に分離して極端な言い方をすれば(実際はそんな極端じゃないです)行進曲のよう。もたれない変わったブルックナーですね。最も成功してたのは最後の楽章。リズミックで怒濤の名演でした。カラヤンや最近ではネゼ=セガンさんの演奏で耳に馴染んでるわたしのブルックナーとは全然違った演奏だったけど、でも、面白かったし好きです。若々しい、溌剌としたブルックナー。ブルックナーというと老大家っていうイメジがつい付きまとってしまうけど(あっネゼ=セガンさんは若いけど、演奏は老大家系だから)、そんなイメジを払拭して若々しいブルックナーもいいなって思いました。ハーディングさんのブルックナーもっと聴いてみたいです。でも、残念。来シーズンはハーディングさん、ブルックナー採り上げないのね。

ふたりはマブダチ
c0055376_758316.jpg

by zerbinetta | 2010-07-01 07:55 | ロンドン交響楽団 | Trackback(3) | Comments(2)

トラックバックURL : https://zerbinetta.exblog.jp/tb/14727567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 庭は夏の日ざかり at 2010-07-09 21:49
タイトル : ふだん、僕らが使うことばで。
【Coviello Classics/CD30301】 ●ブルックナー:交響曲第8番ハ短調(ハース版) ⇒マルクス・ボッシュ/アーヘン交響楽団 原始霧とか、アルプスとか、大伽藍とか、石造りとか、神降臨とか、崇高とか、機能美とか、宇宙鳴動とか、素朴の勝利とか、もう、どうでもよろしい。 ただ、今日の私が聴いて、疲れないブルックナー。 ボッシュ/アーヘン響のブル8は、ついにその条件を満たす。 第8交響曲は図体がでかい。その大きな時間に、西洋古典巨匠名匠異才鬼才の「オレがオレが自意識」...... more
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2010-07-15 18:58
タイトル : カラヤンのチャイコフスキー:交響曲全集
磨き抜かれたオーケストラの響きとカラヤン一流の劇的な表現が、チャイコフスキーを単なるロシア的作曲家とはせずに、さらに高いステージへと昇華させている。... more
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2010-07-17 19:21
タイトル : イッサーリスのブラームス:チェロ・ソナタ集
解決できない自分をさらけ出すことで、イッサーリスの演奏はかえって真実の演奏としての気迫と説得力とを獲得した。 ... more
Commented by 藤井 at 2010-07-09 04:05 x
ハーディングはこれまで、モーツァルトやマーラーが多かったので、ブルックナーは、どういうアプローチをしてくれるのか興味があります。zerbinettaさんの言われる、微妙な推進力、リズム感を備えたブルックナーというのは聞くのがとても楽しみです。ネゼ=セガンは、「老大家系」ですか・・・・
Commented by zerbinetta at 2010-07-11 07:00
ハーディングさん、ロンドンでは結構いろんな曲目を振ってくれます。ブルックナーは去年の交響曲第5番に次いで今年の第7番ですが、残念ながら来シーズンはありません。よっぽど好きじゃないと毎年ブルックナーというのも大変そうだし、他の指揮者との兼ね合いもありますしね。でも、ハーディングさんのブルックナー新鮮でなかなか良かったです。
老大家系はなんとなく、巨人のようなゆったりとした歩みで粘着質の演奏かな。もちろん、ネゼ=セガンさんの演奏はゆっくりとしてるけど、フレッシュで透明度が高いので大好きなんですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< キャンセル 本物の悲しみ >>