人気ブログランキング |

音楽会の写真撮影   

とても微妙な話題です。クラシック・コンサートの会場での写真撮影は、たいていの場合、禁止されていると思います。ロンドンでもそう。どこの会場でもだいたい写真撮影は固く禁じられています、とアナウンスが入ります。なのに、わたしはときどきブログに写真を載せてる。。。
これについては、わたしの中でどうしようか決めかねている部分、揺れている部分があります。
ロンドンの場合、確かに音楽会場での写真撮影は認められていないことになっているんですが、開演前の会場や演奏終了後に写真を撮る人は多くいるのです。会場の係の人も人によっては見て見ぬふり(こういうところは、個人の裁量が大きいのが日本では見られないこと。何しろ役所の手続きの書類も係の人によって言うこと違うのですから)。一番厳しいのはロイヤル・フェスティバル・ホールでバービカン・ホールなんかは注意すらあまりしません。ロイヤル・オペラ・ハウスのカーテンコールでも盛大に会場からフラッシュが焚かれるし、プロムスはカメラを持ってる人がとっても多いです。なんだか、人に迷惑をかけなければ、写真撮影くらい大目に見るよというコンセンサスがあるみたいにも(勝手だけど)感じられるのです。もちろん、演奏中の写真撮影やヴィデオ撮影は迷惑だししてはいけないことだけど、演奏後の拍手やカーテンコールでの撮影はまわりに迷惑をかけているとは言い難い。でも、もうひとつ大事なことは人格権の問題。人に見られる公的な仕事の場での写真なので肖像権はクリアしていると思うのだけど(反対に音楽会場にいるわたしがTV放送の画面に映っていても会場にいるわたしには肖像権がないのでわたしも文句は言えない)、パブリシティ権はグレイ領域。権利者の経済的な権利を侵害しているとは思えないし、わたしがそれを利用して利益を得ていることもないので(ブログを通してお金を得ることはしていないし、写真を公開することによってアクセス数を稼いでいるという事実もないので)、この行為がパブリシティ権を侵害しているかについてはとてもあいまい。一応(あまり守られてはいないとはいいながらも)、禁止のアナウンスがある音楽会場内での写真を公開していることが問題であると言われれば、そうですと答えるしかないというのは分かっているのだけど。
では、なぜそんなグレイ領域のところでブログをやっていることがあるかというと。。。これがわたしにもよく分からない、という無責任な回答。わたしには誰かに迷惑をかけているという罪の意識はないのです(グレイ領域なのでもともと罪があるのかどうかも曖昧なのですが)。そういうところでは、法律よりもわたしはわたしの思いのままに行動するところがあるんです。だから、歩行者信号を守らないフランス人と波長が合うのですが。。。
皆さんはどういうふうにお考えですか。

by zerbinetta | 2010-08-08 00:18 | わたし・ブログ | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : https://zerbinetta.exblog.jp/tb/14913075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Miklos at 2010-08-08 10:27 x
私は自分のメモリのために開演前の会場の様子を撮影することはありますが、演奏者・出演者の写真は普段は撮りません。それが良い演奏会であったなら、余韻を噛み締めつつ演奏者を讃え拍手を送るのと、良い写真の撮影が両立できる気がしないからです。良くない演奏会だったらとっとと席を立って帰りますし。禁止されているからとか迷惑だからというよりも、個人的な理由です。

昔はカーテンコールの(たまに上演中も!)写真を撮ろうとしたこともありましたが、私のカメラと腕前ではろくな写真が撮れず、すぐにいやになりました。ロンドンの音楽会関係ブロガーの方々は写真を公開されている人が多いですが、皆さん上手だなあといつも感心しています。
Commented by zerbinetta at 2010-08-09 07:49
そうですね。わたしの場合も写真を撮ってる時間は短いですが、そんなことせずにちゃんと拍手をするのが礼儀だなって思うこともあります。やっぱり写真を撮ってることに後ろめたさがあるのでしょうか。音楽会で写真を撮るなんてロンドンに来て初めてできたことのなので、まだよく分からないのです。

ほんと、ロンドンの音楽会関係のブロガーさんたちって皆さん写真が上手ですよね。わたしがお目汚しをすることもないので、上手な人にまかせた方がいいのかもしれません。
Commented by dokichi at 2010-08-09 10:06 x
つるびねったさん、こんにちは。
ご存知のとおり、私の場合は、オケにお気に入りの奏者がいますのでブログに写真があるのはものすごく嬉しいことです
(彼女は、オケの公式サイト上を始めとして演奏者としての
簡単な略歴がネット上に載っているわけでもなく、BBCラジオ3でのインタビューの音声も聞いたことがないから・・首席奏者だし一度くらい、あってもいいはずなのに今まで声だけも聞いたことがないんですよね・・(涙))
遠い日本からファンをやってるので彼女の演奏する姿の写真が
ネットで見る事が出来るとどんなに嬉しいことか・・
(マジな話です)
でも、確かにパブリシティ権って・・問題ですよね
(勝手に写真を取られてへんな利用のされ方は演奏家側にとっては嫌だろうし・・。)
個人的には・・音声だけしかチェックできないコンサートでも
サイト上で毎回一。2枚くらいコンサートの写真があれば
私としては・・一番いいとは思うのですが
Commented by dokichi at 2010-08-09 10:12 x
あ、ちなみにですが・・
イギリスでは、どうなのかは、分かりませんが
日本では、バラエティとかでは、素人さんの顔を軽くモザイク
かけるのが当たり前になっています
正直・・個人的には嫌~な感じです。
(プライバシーに配慮だと思うのですが個人的にはやりすぎだと思うんですよね・。)
Commented at 2010-08-09 10:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かんとく at 2010-08-10 01:02 x
まあ、まじめに考えれば×なんでしょうけどねえ~。このぐらい良いじゃない。俺がとった写真なんて、自分以外、誰も興味ないからに決まっているし。同じ公演をどんなに綺麗にとった写真よりも、思いっきりぶれた自分の写真を記憶の一部として留めたいという気持ちですね。こんな、きわめて自分勝手な考えで、いつも数枚取ってます。
Commented by zerbinetta at 2010-08-10 07:11
dokichiさん、
日本では、やたらとプライバシーとか個人情報とかうるさいみたいですね。SNSも匿名で顔も見せないから誰が誰だかちっとも分からないし。と言いつつ、わたしもお客さんの顔は少しぼかすようにしています。肖像権の侵害には当たらないと思うけど、背景がぼけていた方が写真が引き立つので。

演奏者の姿が見られるのは会場に来た人の特典!という姿勢は止めて、演奏評やウェブ・サイトに写真の1枚や2枚があるともっと親しみが持てるんじゃないかと思います。でも、もうじきポッドキャストや映像配信が当たり前の時代になってきそうですね。プロムスのいくつかはTV(とネット)で放送があるのですが、残念ながらイギリス国内だけのようです。わたしにはよく分からない大人の事情ですね。
チェロの人の写真、狙って撮ってみますね。
Commented by zerbinetta at 2010-08-10 07:14
かんとくさん、
そうなんです。個人的にはありでもいいと思うんです。ただ、ブログで公の場に出すのには心揺れている感じです。
わたしは自分の写真をほとんど持っておらず、昔を懐かしんでアルバムを見る人ではないんですが、でも、音楽会の記憶は写真があると鮮やかになりますね。
Commented by ありこ at 2010-08-10 09:30 x
私も絶対写真撮影禁止な日本に住んでいますので、好きな曲や日本ではなかなか見られないアーティストの演奏会の様子の断片が見られるのはとても嬉しいです。
それに自身も、当時はブログなんてやっていなかったので公にはアップしていませんが、オーストリアのオペラ座でリゴレット見たときは、感動したのと、結構周りがバシャバシャやっていたので、ささっと撮ってしまいました(笑)
ホール自体が美術品のように綺麗なので、写真を撮る人も多いし、とくに注意もされませんでしたね~。
写真があると、伝わってくるものも、甦る感動も多いですし。

多分今、海外に行ってコンサートで写真が撮れたら、こっそりブログに貼っちゃいますよ。
Commented by zerbinetta at 2010-08-12 07:56
ありこさん、
やっぱり音だけではなく、姿も見たいですよね〜。特にイケメンくんは。
ほんとヨーロッパのオペラ座って建物自体が美術品のようにステキなところも多いですよね。ロイヤル・オペラ・ハウスは新しく改装されてとっても近代的な雰囲気ですが、昔のままを残した部分もあって(劇場内と劇場の外部の一部)とっても味があります。
携帯電話も最近のはカメラ付きみたいなので、普段カメラを持ってない人は少数派になりつつありますよね。カメラがあれば写真を撮りたくなるのも人情。写真を撮ることに対する規則や慣習も時代と共に変わっていくのでしょう。あまり規制を強くする方には変わって欲しくないし、それはもう難しいような気がします。もちろん、公人でもプライヴェイトが守られることは絶対必要ですが。

ぜひ、海外にも音楽会を聴きに行ってブログでご報告下さいね。よい音楽を。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< やっとこさ 夏の音楽 >>