マッケラスさん大丈夫?   

mozart: symphony no.32
mozart: piano concerto no.20
elgar: symphony no.1
lise de la salle (pf), charles mackerras / po @royal festival hall


音楽会のプログラム。フィルハーモニアはチケットとは別売なんです。ロンドンシンフォニーはただ。ロンドンフィルハーモニーも別売です。で、フィルハーモニアはなんと350円(3.5ポンド、わたしはポンドでお給料をもらって生活してるので1ポンドだいたい100円感覚です)もするんです。他のは250円とか300円なので高いんです。といわけで、このブログを始めた目的のひとつはプログラムを買わなくても記憶に残るからっていうせこせこな理由もあったんです。いったい、フィルハーモニアの音楽会はいつも600円くらいの席で聴いてるんですけど、そんなこんなで前回、高いと思って買わなかったんだけど、今回はソリストのことが知りたくて買ってみました。そしたらなんと、このプログラム、季節版で冬のシーズンは11回の音楽会のプログラムがまとめてあるんです。お買い得。なぁんだ、安いじゃん。
今日の指揮者、マッケラスさんはだいぶ前にモーツァルトの初期の交響曲のCDが出たときラジオで聴いてとおってもステキだと思っていたのです。期待期待。さて、マッケラスさんは思ったよりもお年寄り。手が震えてスコアをめくるのにも苦労してたりして。大丈夫かなぁって思ったんですけど、音楽は全然。溌剌としてました。やっぱりマッケラスさんのモーツァルトはステキです。でも、びっくりしたのは2曲目のピアノ協奏曲。仄暗い音で始まった音楽はわたしの心臓をどくんと打ち、不安な気持ちを揺さぶります。わたしの気持ちの深い奥の暗闇を揺すぶります。これからどんな音楽が続くのでしょう。モーツァルトのこの短調の協奏曲ってこんなに深い情感を持っていたのね。普段CDでいい加減にしか聴いていないことがばればれです。ピアノはいたずらに劇的に流れることなく、むしろ静かな情感を湛えて弾かれたのはオーケストラとバランスが取れてステキ。若いきれいな人、そしてフランス人、最近フランスびいきなわたし、ふふふ、いいねっ。ってまだ二十歳そこそこ?うわん。末恐ろしい。
エルガーの交響曲はどうかなってちらりと心配だったんです。だって、マッケラスさんおじいさんだら。でも、さすが、この大曲を雄大に鳴らしました。さすが自分の国の音楽だけあって、会場も熱い。音楽を前に矍鑠として。プロですね。わたしも歳をとってもかっこいい人でいたいです。縁側でのんきな茶飲み生活なんかを夢想してる場合じゃないっ。

# by zerbinetta | 2009-02-12 08:58 | フィルハーモニア | Trackback | Comments(0)

最高のブルックナー   

haydn: cello concerto no.1
bruckner: symphony no.7
truls mork (vc), yannick nezet-seguin / lpo @royal festival hall


ブルックナーの交響曲の中では第7番が一番好き。というより、今まで書かれた音楽の中でもっとも美しいもののひとつであると思う。そんな思い入れたっぷりの曲。どうなるんでしょう。そして今日の指揮者は全然知らない若い人だけど、シーズンのパンフレットの写真を見てちょっとかっこいいかなって思った。えへっ。でもね、お見合い写真だったの〜〜。本物は写真とイメジがちが〜うっ。ちょっとがっかり。って失礼よね。
ハイドンのチェロ協奏曲を聴いたときからこの人何かが違うっていうほのかな予感がしてました。口では上手く言えないんだけど、多分思い過ごしじゃない、才能の閃きみたいなもの。指揮棒を伝わって音楽がなにひとつ欠けることなくオーケストラに伝わって、わたしにも伝わってくる。そして何しろ音楽がとても愉しそう。
それはブルックナーを聴いたとき確信になりました。強い予感は、譜面台を片付けて、暗譜で振るの?って思ったときすでにありました。この大曲をこの若さで暗譜。そして音楽が始まったとたんの感激といったら。思いっきりゆっくりとたっぷりと歌ったあの長い旋律。わたしの心は完全に音楽に張り付きます。なんということでしょう。こんなブルックナーがあったとは。そしてこの人きっとビオラ弾きだったのよね〜と思わせるくらい、丁寧で豊かな内声。とても粘るんだけど決してもったりとしない大きな流れ(第3主題は少しテンポを速めてました)。雄大な音楽。第2楽章も同じ作り。じっくりと丁寧に音楽を聴かせます。大河のような淀みのない流れ。この人ほんとにブルックナーの音楽にのめり込んでるんだ。そして第3楽章は一転、踊りの音楽。今まで抑え気味だった金管楽器も開放的に鳴らして、リズミカルできびきびとしてかっこいい。まさに村の踊りの音楽。最後の楽章は、多分、好き嫌いの分かれるところでしょう。付点音符の主要主題はかなりの快速テンポで金管楽器がユニゾンで出る主題は遅めのテンポ。テンポの振幅が大きくておもちゃ箱のような印象。もともと軽いタッチで書かれているのが、さらに軽快になった感じ。ブルックナーの書いた楽譜を素直に音にするとこんな感じになるんじゃないかしら。この曲って始めの2つの楽章に対して最後の楽章がいかにも軽くてそれが弱点のようにも言われてるけど、実はブルックナーは軽快な音楽を書きたかったんじゃないかしら。わたしにはそんな風に思えて、ちょっと不思議な感じだけど、これはこれで十分納得できました。最後の第1楽章の主題が戻ってくるところは第1楽章のように遅くするのかな、どうするのかしらってわくわくしながら聴いてたら、そのままの快速テンポで華やかに終わって、見事に予想を裏切られて、でもそれもステキで、大満足。ロンドンシンフォニーは超一流のオーケストラではないので、フレーズのまとめ方とか指揮者の要求通りにできてないところもあったけど、ものすごく一途で、演奏が終わった後の充実した表情は、彼らにとってもこの音楽会が特別なものであったのを物語っていました。オーケストラの人もみんな拍手してたしね。
ネツェ・セグンさん、ただ者ではないわ。ロンドンシンフォニーの主席客演指揮者なのでこれからもできるだけたくさん聴いていこう。そうそう、ゲルギーの後のロッテルダム・フィルハーモニーの主席指揮者に就任して、今年ブルックナーのCDを出すみたいなので、これもうんと期待しよう。

# by zerbinetta | 2009-02-11 08:41 | ロンドン・フィルハーモニック | Trackback | Comments(2)

こんな風に想われたい   

dvorak: requiem
lisa milne (sp), karen cargill (ms), peter auty (tn), peter rose (bs),
neeme jarvi / lpo @royal festival hall


初めて聴くパパヤルヴィです。ヤルヴィ一家の大黒柱が最後に登場。ってわたしにとってだけど。曲目は珍しいドヴォルジャークのレクイエム。初めて聴きます。実は、馬鹿なわたしは今日2つの音楽会のチケットを持っていたのでした。ダブルブッキング。ひとつはこれ。もうひとつはバービカンで演るトリスタン・ミュレイユの特集です。もうどっちに行こうかって悩んで、結局こちらを選んだのでした。苦渋の選択(?)
さて、音楽は慈愛に満ちたものでした。死者をいたわる気持ち、ドヴォルジャークの音楽のもつ素朴な優しさ満ちあふれていて、演奏もそれに添うようでした。音楽がもたらす幸福感に包まれて、まさに死者にしみじみと思いを馳せるものだと思いました。死者のためのミサ、だけど、音楽は死者を思う残されたものの心にも作用するものかもしれませんね。大事な人と音楽を共有していたい、永久の別れのあとでさえも。

# by zerbinetta | 2009-02-07 08:39 | ロンドン・フィルハーモニック | Trackback | Comments(0)

ゲシュトップの吹き荒れる運命   

beethoven: overture king stephen, piano concerto no.3, symphony no.5
maria joao pires (pf), john eliot gardiner / lso @barbican hall


わたしはガーディナーさんとオーケストル・ルヴォリュチオネル・エ・ロマンティクのCDでベートーヴェンに目覚めました。それまではベートーヴェンはなんか権威のようで苦手でした。でも、彼らの溌剌とした若々しいベートーヴェンの演奏を聴いたとき、ベートーヴェンに対する認識が変わりました。かっこいい。ただね、ガーディナーさんって本屋さんで立ち読みしたんだけど、ウィーンフィルの人からめちゃくちゃけなされてる。テンポが全然取れない指揮者だって。その人が非難してた演奏のCDをわたしは持っているけど、それはステキな演奏だってわたしは思ってる。人の批判なんて鵜呑みにする必要ないし、わたしはわたしの耳でちゃんと聴こうって。
オール・ベートーヴェン・プログラムの音楽会は珍しいシュテファン王の序曲から。この曲、第9交響曲の有名なメロディの一部が聞こえるのね。この曲が書かれたのは第9交響曲が書かれる10年近くも前なので2つのメロディに関連があるのかないのかよく分からないんだけど、ちょっと面白かった。
ピアノ協奏曲はピレスさんのソロで第3番。最近、4番と5番ばっかり聴いてるので3番は久しぶり。おやっ、モーツァルトの短調の協奏曲みたい。ピレスさんってとっても小柄なんですね。びっくりした。ピアニストは手が大きい方が有利だから、小柄ではハンディになるのでは、と思う間もなくとってもステキなピアノでした。音が優しい。さすが、モーツァルトの演奏で評価の高い方です。この協奏曲は若い頃の作品なので、こんな柔らかなほっとするような演奏もステキです。
それに対して交響曲第5番は、ガーディナーさんらしい溌剌としたアグレッシヴな感じの演奏でした。ガーディナーさんは速めのテンポでぐいぐいと引っ張っていく方という印象がCDの演奏からしていたのですが、その感じを強くしました。もちろん、この交響曲がそうしたタイプの演奏にとてもよく馴染むものでもあるのですが。面白かったのはロンドンシンフォニーは古楽の団体ではないから普通に演奏できるのに、敢えてホルンのいくつかの音をゲシュトップで吹かせていたことです。昔の楽器なら弁がないことで自然倍音以外の音はゲシュトップで音程を変えなければ出ないのだけど、今の楽器は半音階も自在に吹ける。のに、敢えてゲシュトップ。しかも、半音階のすべての音ではなくていくつかの場面だけで。ベートーヴェンには、この音をゲシュトップで鳴らす音色上の必然があったのだろうという解釈です。現代オーケストラを振る指揮者でこんな解釈をしている方はわたしの知る限り誰もいないので、とってもびっくりしました。でも、ガーディナーさんの言いたいことはわかったし、わたしもこれでいいのだって思えたのです。もちろんこれは、ガーディナーさんのこの曲に対する解釈があった上なので、違ったタイプの演奏をする人が真似をしてゲシュトップで吹かせても上手くいかないに違いありません。最後までたたみかけていくような疾走感は爽快です。やっぱりわたしはこういうベートーヴェンが好きなんだな〜。

# by zerbinetta | 2009-02-04 08:36 | ロンドン交響楽団 | Trackback | Comments(0)

もしかしてホールが取れなかったのね   

copland: appalachian spring
fujikura: piano concerto
stravinsky: petrushka
noriko ogawa (pf), martyn brabbins / po @queen elizabeth hall


今日のフィルハーモニアオーケストラの音楽会はサウスバンク・センターのもう一つのホール、クイーン・エリザベスで。こちらは小さなホールで室内楽の音楽会が多いのだけど、なので狭いステージにオーケストラがいっぱいいっぱい。今日の曲目が室内楽的な編成の音楽って訳でもないのに、ちっちゃなホールな訳はフェスティヴァルが取れなかったからかしら。ロンドンはオーケストラの数に比してホールが少ないので、ホールをとるのが大変って聞いたことある。フィルハーモニアも以前パリに本拠があったのよね。
あっこの指揮者さん前にも聴いたと思って名前を見て思い出した。そうそう、この間テルミカーノフさんの代わりにロンドンフィルを振った人だ。中庸中庸。コープランドのアパラチアの春はそんな彼とは相性の良い音楽って感じがします。イギリスとアメリカの音楽って何となく似たようなところがあるような気もするし、実際、演奏もとっても良かったんです。こういう曲って景色が目に浮かぶような演奏が好きなんですが、行ったこともないのにアパラチアの風景が感じられました。でも、アパラチアってどこだろう?前に住んでたメリーランドのそばにあった山脈がアパラチア山脈だったような気もするし、近所のショッピングモールでよくウィンドウショッピングしてたお店の名前がアパラチアン何とかだった気ががするんだけど、地理苦手だからなぁ。でも、もしそうだとすると、わたしの思い浮かべた景色は全く素っ頓狂ではないのかもしれませんね。
2曲目のフジクラさんの協奏曲は、もっと和風なのかなと勝手に思っていたら、それほど和のテイストは感じませんでした。ところどころにあっ和って思っただけ。フジクラさんはまだ30代の若い作曲家。ロンドンに長く住んでらっしゃるみたい。これからの活躍が期待される有望なひとりみたいですよ。じゃあわたしの感じはというと、ううむ、難しいなぁ、正直それほどびびびっと来なかった。ようするによく分からなかったですよ。最後にトイピアノが使われたけど、トイピアノのための協奏曲はもうあるしなぁ。
最後のペトルーシュカはオーケストラの上手さが光ったけど、もう少しリズムが切れていて欲しいなぁって思いました。

# by zerbinetta | 2009-02-03 08:36 | フィルハーモニア | Trackback | Comments(0)

わたしとしては評価に困る   

alexander smelkov: the brothers karamazov
valery gergiev / mariinsky theatre @barbican hall


マリイインスキー劇場はオペラを音楽会形式で3日間。これだと大きな舞台装置を運ばなくてもいいから楽ちんよね。3日とも演目が違うんだけど、わたしは一番珍しそうなカラアマゾフの兄弟の回に行ってきました。イギリス初演。新しいオペラです。でも、今の時代、オペラはもう無理なのかなとも思ってる。音楽から口ずさめるようなメロディが消えて、「歌」が成り立たなくなってるし、オペラという形式が市民のものとなって採算が取れなくなってる今、オペラが書かれる意味があるのか、難しいところよね。オペラを過去のものとしないで今も生きていかせるためには新しい作品は絶対必要なんだけど。という思いが現代のオペラを聴くたびにしてるんです。しかしながら今日のオペラは過去につながることで表面上はその問題を回避してる。音楽はショスタコビッチ風。というか毒とアイロニーを抜いたショスタコビッチ。ときどき出てくるベートーヴェンの第9交響曲のテーマはこの劇と関係あるのかしら。字幕が読めなかったので(ここまで目が悪くなってるとは、悲しい)、劇の内容を理解できずにちょっと残念。
この音楽が20世紀の最初の4半期に書かれたものだったら納得できたでしょう。でも、これは今の作品。今ここにこうして書かれる意味はあるのでしょうか。オペラの延命措置と言うほかに。もちろん、今までになかった作品だし、書かれた時代なんて気にせずに楽しんじゃえっていう考え方もあるでしょう。でも、わたしはそうは思えない。もしもわたしたちが新しい音楽を生み出すことを今欲してるとすれば、今書かれるべき作品が必要だと思うし、それを聴きたい。新しいものを生み出すことに参加していたい。わたしは頭でっかちなのかな。どうしてもそんな考えを拭いきれずに満たされない気持ちで会場を後にしました。真っ白な気持ちでいれば楽しめたかもしれないのに。どういう風に音楽を聴くのがいいのか考えさせられちゃいました。

# by zerbinetta | 2009-02-01 08:35 | オペラ | Trackback | Comments(0)

アンドリュー違い   

vic hoyland: phoenix
strauss: orchestral songs
strauss: ein heldenleben
soile isokoski (sp), andrew litton / bbc so @barbican hall


アンドリュー・デイヴィスさん前にも聴いたわ〜って思っていたら、リットンさんでした。でも、名前がどこかに引っかかっているのでよおく思い出したらCDを持っていたのです。マーラーの交響曲第10番。マッゼッティさんの補作第2版。小川のようにさらさら流れる演奏だったと記憶してます(CDは日本に置いてきてしまったので今は聴くことができません)。BBCシンフォニーは財政基盤がしっかりしてるせいか、いつも意欲的なプログラムを組んでくれるので大好きです。今回も初演となるイギリスの作曲家、ホイランドさんのフェニックスという曲がプログラムに含まれてます。いきなり大音量で始まった曲ですが、これを書いている1ヶ月後の時点では、ほとんど記憶に残っていません。わたしが最近新しい音楽に聞き慣れていないせいではないかと思います。何だか時間がなくて、新しい音楽をじっくり聴くことができないんです。これはわたしにとって好ましくない状況なので、なんとか音楽を受け入れる環境を整えなくちゃ。
シュトラウスの音楽は耳に馴染んでいるので(今日の歌曲は初耳でしたが)、音を今でもなぞることができます。シュトラウスのオーケストラ付きの歌曲は先日の最後の4つの歌も含めて声とオーケストラの融合がとってもステキでゴージャスです。今日はシュトラウスのそんな歌曲の中から個々に5つの歌が歌われたのですが、こうして並べられて歌われるとそれでひとつの作品集のようにすら聞こえます。イソコフスキさんの声はとっても艶やかで、バックのオーケストラのきらめきもあって夕日に染まる景色のよう。シュトラウスの音楽ってそんな落日の美しさがあると思うのよね。多分未来を単純に今よりステキだと信じられた19世紀の残照のような。そんな感じは英雄の生涯の最後にも聞こえます。リットンさんは快速テンポで壮快にこの音楽を演奏しました。CDと生の演奏で聞こえる音のギャップが一番あって、生の演奏を聴くのが一番面白いのはシュトラウスの音楽だと思ってるんだけど、やっぱりそう。CDではなかなか聞き取ることのできない音の動きがたくさん聞こえて面白かった。

# by zerbinetta | 2009-01-28 08:33 | BBCシンフォニー | Trackback | Comments(0)